Fender Custom Shop 1964 Jazz Bass 3TS Heavy Relic

2000年製造のフェンダーカスタムショップ製ジャズベース。ネックのスタンプから、恐らく2003年にマスタービルダーになったJohn Cruz (ジョン・クルーズ)の手によるものだと思われます。ジョン・クルーズはスティーヴィー・レイ・ヴォーン”Number One”やジェフ・ベック、イングウェイ・マルムスティーン、ゲイリー・ムーアなどのモデルを手掛けたことで知られる人気マスタービルダーで、特にレリックに関してはマスタービルダーの中でも高い評価を得ています。その彼の手によるカスタムショップ製64JB、しかもHeavy Relicですから、グッときます。(一説によると決して彼本人が組み込んだことを証明するものではなく、彼がカスタムショップチームビルド在籍時の木材の品質管理のためのスタンプのようですが。)

まず特筆したいのはやはり”Heavy Relic”のクオリティの高さ。ウェザーチェックや塗膜のダメージはヴィンテージフェンダーそのもの。圧倒的な存在感を放ちます。ピックアップやコントロールパネル、ノブに至るまでのハードウェアも同様に高いクオリティで仕上げられ、全体が高いレベルで調和しています。

リアピックアップに振るとトレブリーでありながらも音圧感があり、フロントピックアップに振ると地面に沈み込むように低音が響き、そしてミックスではミドルがスウィープされてタイトさが強調されたサウンドが得られます。これらは紛れもなくフェンダーサウンドで、ルックスに負けずサウンドもトラディショナルで高品位なものです。特にヴィンテージのサウンドを知っている方にとっては魅力にあふれたものであると確信しています。

トラッドなルックス、サウンドではありますがネック周りのデザインはモダンで秀逸。ネックは素晴らしいコンディションを保っており、全てのポジションにおいて良好な演奏性が得られます。また、トラスロッドは全く問題なくフレットは9割ほど。

まさに極上という名にふさわしい1本、この機会にいかがでしょうか。

NASCAソフトケース付き(使用感あり)
3か月保証付き。

文章:嵯峨駿介
販売価格 290,000円(税込)