Fender Japan PBD-62 70's neck CUSTOM MADE 93-94'

少し珍しいフェンダージャパン プレシジョンベースです。MADE IN JAPAN Nシリアル、フジゲンが93-94年に製造した個体ですね。

特筆したいのはヘッドのロゴ。本ベースはPBD-62という型番で有りながら、60年代後半から70年代前半までの特徴であるブラックのトランジションロゴが使われています。ナット幅は約40mm。つまり、基本的なスペックは62年をモチーフにしながらネックに70'sのタイプを使った、”カスタムメイド”のモデルなのではないか、という予想が成り立ちます。

カラーはlake placid blueよりも緑がかっており、metallic blueよりも明るく見えます。ターコイズカラーのような、美しいフィニッシュです。

サウンドは十分に豊かなローエンドを持ちながらもブーミーになりすぎない塊感を持つ、理想的なプレシジョンサウンド。「ミドルレンジは抜けてくるけどサウンドがぼやけてハッキリしたベースラインにならない」という理由でプレシジョンベースを避けているベーシストには絶対におすすめしたい1本。本当に良いサウンドです。

フレットは8割ほど、トラスロッドの動作はOK、ネックの状態は良好です。ボディ全体には傷が散見されるので、画像をご確認ください。恐らくフィンガーレストが増設されています。見た目はともかく場所は良いと思います。

あまり他のベースと比べて評するのは良くないかもしれませんが、これは間違いなく良個体です。

3か月保証付き。
付属品なし。

文章:嵯峨駿介
販売価格 60,000円(税込)