Bacchus BJB-64V Jazz Bass

初期のバッカス国産ベース。今でいうハンドメイドシリーズにあたるもので、トラディショナルなモデルです。現在ハンドメイドシリーズではディンキーシェイプのWoodlineしか製作していないので、バッカスのトラッドなスタイルは少々珍しいかもしれません。

特徴的なカラーは恐らくLPB風の塗装が退色したもので、実際に見ると良い雰囲気があります。フェンダー系の退色よりも少し緑っぽくなっていますね。

サウンドは締まった低音と豊富なミドルレンジ、アタッキーなプレゼンスを持つ正統派のJB。このクオリティの高さにはメーカーの地力を感じますね。

フレットは8割ほど、トラスロッドはわずかに緩める方向に動かされていますがただちに問題になるものではないでしょう。ネックコンディションはわずかにハイ起きがある程度。現状弦高を1弦12fで2.0mm、4弦2.5mmに設定していますが、この状態で特に音詰まりなどの問題はありません。ブリッジの取り付けビスのための穴が一度補修されたようで、その補修跡がわずかにブリッジの後ろから見えます。この点は画像をよくご確認ください。

この時代ならではのハイグレードな木材が使われたバッカスの少し貴重な初期作品、お試しください。

3か月保証つき。
ソフトケースつき。

文章:嵯峨駿介
販売価格 37,000円(税込)