Gibson Thunderbird 1998

キングオブロックベース、サンダーバード

大型のボディ、スルーネックジョイントとそれまでのエレキベースのデザインとは一線を画すデザインが施されています。この一見奇抜に見えるデザインは自動車のデザイナーであるレイモンドディートリックによるもの。

ストレートでローからミドルのレンジが豊かなサウンドはロックベーシストに深く愛され、ASHのマークハミルトン、Mötley Crüeのニッキーシックスらが愛用しています。

マホガニーネック、マホガニーウィング、エボニー指板といったウッドマテリアルが採用され、それらはどれもが一見して良質なものであるとハッキリと認識できるほどに高品位。90年代までのベースならではかもしれません。

現状で現高は1弦12fで2.0mm、6弦12fで2.2mm程度とギブソン系のベースとしては比較的低めでセットアップ。ロッドの動作は良好です。フレットは85%以上。まだまだ長く弾き倒せます。

ネックには痩せがあり、指板との間にはわずかに段差があります。スクラッチ傷が点在し、ボディ上部にストラップピンをとめるための下穴があいています。現在ストラップピン自体はヒール部分に取り付け。ロッドカバーの下にビス穴有り。

ソフトケースつき。
3か月保証つき。
販売価格 90,000円(税込)