Edwards E-LW-135M

プロベーシスト、IKUO氏の監修のもとでデザインされたのが本機、E-LW-135Mです。

基本的な部分はフェンダーのようなデザインですが、ミュージックマンタイプのセイモアダンカン製ハムバッキングピックアップ、指板のスロープ、スイッチを使ったコントロール、随所にIKUO氏のこだわりが見受けられます。

ネックはフェンダースタイルのボルトオンジョイントですが、通常のベースに比べるとかなり深い位置までネックがのびてジョイントされています。また、ヘッドはフェンダースタイルの段付きではなくギブソンのような角度付きヘッドですね。ウッドマテリアルにはメイプルを採用し、3枚を貼り合わせたラミネート構造になっています。

ハムバッキングピックアップはミニスイッチによりシリーズ、タップ、パラレルと切り替えることが可能。ピックアップセレクターと合わせて9種類のワイヤリングオプションを持つことになります。さらにフレキシブルなサウンドメイクを可能にする2バンドイコライザーを装備。サウンドの幅は非常に広いと言えます。

基本的なサウンドはタイトで繊細。軽い力でスッと音が出るのは非常に特徴的ですね。やはりスロープを最初から搭載しているという点は明確にメリットで、スラップを軽やかにサポートしてくれます。

体に当たるくびれ部分をよく見ると僅かに外周R(角のまるさ具合)が大きくなっています。ここまで気を使ってシェイピングがされているベースはあまり多くはありません。メーカーやIKUOさんの楽器を演奏する上での気遣いが見える部分ですね。

フレットは95パーセント以上とほぼまるまる。ボディに僅かなスクラッチ傷が点在しますが、目立つような大きな傷はない美品です。

IKUOさんのファンにはもちろん、フレキシブルなサウンドメイクと高いプレイヤビリティを求める全てのおベーシストに試してもらいたい1本です。

ソフトケース付き。
3ヶ月保証付き。
販売価格 60,000円(税込)